はじめての住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、金融庁の分類では「新たな形態の銀行」とされているインターネット専業の銀行です。名前は三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社としていることからきています。と、大まかに説明すると以上のようになるわけですが、不安要素としてあるのは「インターネット専業」というワードでしょう。

インターネット専業銀行とは、店舗を構えず、電話やインターネット利用に長けた銀行のことです。利点としては店舗を構えていないので、場所や地域による制約を取り払うことができます。また、人件費や店舗運営にかかる費用を削減できるので、金利を高く設定したり、提携ATMなどの手数料を安くしたりといったサービスの充実へとつなげることが可能になります。住信SBIネット銀行の場合は以下の4点になります。

  • 他銀行宛て振込み手数料を月3回まで無料。
  • 提携ATMの利用手数料無料。
  • 好金利。キャンペーンも多様。
  • SBI証券との提携商品・サービス

加えて、住信SBIネット銀行において最も特徴的なのは、名義上の支店名でしょう。住信SBIネット銀行のようなインターネット銀行には、実店舗がないために各種名義上の支店を設けています。住信SBIネット銀行の場合ですと、個人向け口座の支店名には、イチゴ、ブドウ、ミカン、レモン、リンゴといった5種の果物の名前で割り当てられます。割り当て方はランダムなので、どの果物の名前の支店に割り当てられるだろうか、という楽しみ方もできるかもしれませんね。


Copyright © 2014 定番のインターネット銀行