楽天銀行の基礎

ネットバンクとしては、国内で2番目に誕生されたとされている楽天銀行。楽天銀行はその名の通り「銀行」の役割をしていますが、元来は日本電子決済の会社として設立しました。今や、ネット通販に強い楽天グループのネットバンクとして、認知度の高い銀行の一つです。口座数もネットバンクとしては日本最大を記録しており、楽天に買収される以前の商号であるイーバンク銀行はネットバンクの先駆けとされていて、セブン銀行、イオン銀行、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ゆうちょ銀行、と多数のATMを利用することができます。利便性が高いと、利用頻度も自然と高くなりそうですね。

とはいえ、名前が有名であるばかりに楽天銀行そのものの魅力については曖昧であったり、誤解されていたりする部分もあるのではないでしょうか。たとえば、川平慈英さんの楽天カードのコマーシャルはたいへん印象的です。慈英さん自身の語り口が独特ということもありますが、強い印象として残っているのは博多華丸さんがものまねをされているというのも多分に含まれていることでしょう。楽天カードと楽天銀行カードは外見こそ似ていますが、カードを作成する目的も異なれば機能も異なります。実際に利用している方ならば当然のことと理解できることも、利用していない方には区別ができません。

楽天銀行の魅力を知ってもらうためにも、楽天銀行の口座の作り方や使い方、カードやローンについての基本的なことから説明していきます。


Copyright © 2014 定番のインターネット銀行