ジャパンネット銀行について

ジャパンネット銀行の特徴とはどういったものでしょうか。

まず、手数料の面から見ていきます。他のインターネットバンクと比べると、ジャパンネット銀行の手数料は高いと言われていますが、それでもやはり既存の都市銀行などと比べると、まだまだ安いと言えます。ジャパンネット銀行間の振込では、1回54円。他行あてでは1回270円となっています。出入金に関しては、提携している三井住友銀行、@BANK、セブン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行のATMから行えますが、月1回は無料、2回目以降は162円(ゆうちょ銀行のみ324円)となっています。ただし、前月の預金残高と定期預金の残高が3000万円以上のときは、これらの手数料は月5回まで無料となります。

さて、日本で初めて誕生したインターネットバンクということだけあって、その利用者はとても多いです。特に、Yahoo!を利用する人にとっては、必須の口座と言われています。ヤフオクでは、決済代金が無料で落札代金を支払うことができます。代金は、リアルタイムでお互いの口座に反映されるため、お金を払う方も受け取る方も安心です。

また、ジャパンネット銀行だけのサービスとして、「Tポイントを現金化できる」というものがあります。最近はコンビニや薬局、本屋、ガソリンスタンド、飲食店・・とどこに行っても「Tポイントカードはお持ちですか?」と聞かれますね。こうしているうちにいつの間にかTポイントが貯まっているので、たまに支払いのときにTポイントでお買い物をしたりしています。ジャパンネット銀行では、Tポイント100Pで85円と振替えて、ただちに口座へ入金してくれます。ちょっとしたお小遣い程度にはなるので、うれしいサービスです。

ところで、実際の支店を持たないジャパンネット銀行の支店名はどうなっているのでしょうか。実はジャパンネット銀行の支店名は、鳥の名前となっています。「本店営業部」だけは違うのですが、その他は「すずめ支店」「はやぶさ支店」「ふくろう支店」「かもめ支店」となっています。ちょっとかわいらしいですね・・。


Copyright © 2014 定番のインターネット銀行